ペット

愛するペットは心こめて育てる|犬の病気にも気をつける

犬を家族に迎える方へ

トイプードル

便利な知識

これから新しくわんちゃんを家族の一員として、迎えようとしている方は飼育方法を具体的に把握しておきましょう。犬を飼うときに必ず必要になってくるのが犬のしつけです。外出先等で大人しく飼い主の横で待っていられたり、飼い主の行動や様子を見て行動できたりが理想です。犬のしつけの中でも特にトイレのトレーニングはできるだけ早い段階でマスターしてもらいたいですよね。わんちゃんの大きさや男の子か女の子かによってトイレの方法も変わってきます。またそのわんちゃんの性格によっても、良いやり方とあまりお勧めできないしつけ法があります。しかしどのしつけにおいても共通して言えることは、褒めることです。そして失敗しても怒らないことが重要です。犬のしつけにおいて大切なことは、できたら褒める、できなかったら無視して無言で片付けましょう。わんちゃんにとって一番辛いことは怒られることではありません。大好きな飼い主さんに無視されることがわんちゃんには辛いことなのです。

これには気を付けましょう

先ほどの段落で犬のしつけで無視されることが辛いとお話ししました。そこに間違いはありませんが意識してほしいことがあります。それは、主導権の問題です。犬のしつけにおいて主導権の在りかはとても重要になってきます。そして主導権は必ず飼い主さんが握っていてください。わんちゃんに主導権を握られると犬のしつけどころか、噛みついたり威嚇したりする原因にもなります。さて、ではどうやって飼い主に主導権があるとわんちゃんに教えることができるのか、をご紹介しましょう。基本的にはわんちゃんの言うことをすべて聞き入れないことです。始めは可愛くておねだりしたような目で見つめられると、つい根負けしておやつを与えてしまいがちですが、そこは飼い主とわんちゃんの根競べです。しっかり勝ちましょう。わんちゃんは自分が気に入らないことに対して、吠えたり威嚇したりすることがあるかもしれません。怖くても決してばれてはいけません。何があっても毅然とした態度でわんちゃんに応え、正しいことをすれば全身を使って褒めてあげてください。信頼関係はこうして生まれるのです。